妊娠16週~妊娠19週

妊娠16週~妊娠19週

ママの様子

子宮は大人の頭大

子宮底長は約18センチ(妊娠19週相当)お腹、乳房が大きくなりはじめます。胎盤が完成し、妊娠は安定期に突入です。お腹もふくらみ、妊婦さんらしい体型になってきますが、この頃には本当に体が楽になります。

体重も増え始める時期

体重管理に気をつけましょう。妊娠中の太りすぎは難産のもとになりますし、妊娠中毒症や糖尿病を招いたり、巨大児や逆に低出生体重児が生まれたりします。

理想的な体重の計算法

妊娠前のBMIの割り出し方

BMI(ボディー・マス・インデックス)=妊娠前の体重kg÷(身長m×身長m)

(例)身長160cm、妊娠前体重55kg

55kg÷(1.60m×1.60m)=21.48 21.48がBMIの数値となります。

BMI数値の見方

BMIが17.9以下⇒標準体重よりやせている。

出産までに約12kgまでは体重増加OKです。栄養バランスを考え1ヶ月に250g前後の体重増加を心がけましょう。BMIが18~24⇒標準です。

出産までに9kgまで

体重増加OKです。だだ、一週間に500g以上の体重増加があった場合妊娠中毒症の可能性が出てきますので、医師に診断してもらいましょう。BMIが24.1以上⇒肥満傾向にあります。

出産までに7kg以上太ると赤信号

食生活を見直し、適度の運動を心がけましょう。乳腺が発達しおっぱいの準備も進みはじめ、乳首から黄色い水っぽい分泌液が出る事もあります。

18週~19週頃になると

子宮の中で自由に動き回る赤ちゃんの動きを経産婦さんは早くも胎動として感じるようになってきます。(初産婦さんは20~21週くらいから)初めての胎動は、「ポコポコ、モコモコ、ムニュ」とお腹の中でイモ虫が動いたみたいな感覚です。

聴診器では赤ちゃんの心拍音を聞く

超音波診断検査では赤ちゃんが指しゃぶりをしている姿がみられたりもします。体調のいい時にマタニティ用品、ベビー用品を揃え始めるといいですよ。犬のお産が軽いことから、妊娠5カ月に入ったら、戌の日に腹帯を巻くと安産になるといわれています。

赤ちゃんの様子

頭殿長(頭からお尻までの長さ)= 108~116mm 体重約150g~250g

皮膚を保護する為に全身に胎毛と呼ばれる

産毛が生え髪の毛や眉毛やつめも生えてき心臓の動きも活発になります。視覚、聴覚などの神経系も発達して赤ちゃんは意思を持った動きをするようになります。

胎児の時に最初に発達するのが皮膚感覚による触覚

胎盤ができる前の赤ちゃの栄養や酸素を吸収している皮膚はとても重要な働きをしています。皮膚感覚は妊娠8週ぐらいから12週ごろには大人と同じぐらいまで発達していきます。妊娠4~5カ月になると、赤ちゃんは口に触れる指をしゃぶるようになります。指しゃぶりは、誕生後におっぱいを飲む時のためのトレーニングという説もあります。

赤ちゃんの頭の大きさは鶏の卵ぐらいに

身長に占める頭の割合はおよそ3分の1。赤ちゃんのおよその身長は、妊娠5カ月までは妊娠月数を二乗します。妊娠5カ月なら5×5で25cmになります。妊娠6カ月以後は、妊娠月数に5をかけます。妊娠6カ月なら6×5で30cmになります。

この時期に揃えておきたいグッズ

日本語
avista

関連ピックアップ記事