妊娠24週~妊娠27週

妊娠24週~妊娠27週

ママの様子

子宮底長・・・約24センチ(妊娠27週相当)

一日に何回か、子宮が収縮することがある

この時お腹が硬く張るのを感じるようになります。横になっていて治まるようなら心配要りませんが、もし張りや痛みが長引くようなら、すぐに病院に行きましょう。体の体重増加などの変化により、むくみ、妊娠線、静脈瘤、立ちくらみ等いろいろな症状が出始める人もいます。

妊娠線が、お腹や胸に現れてくる

皮下組織の断裂によって起こるもので、完全に治すことはできませんが、クリームなどを塗ってマッサージすることで皮膚を軟らかくし出来にくくすることが出来ます。大きくなった子宮に下半身の静脈が押されることや、ホルモンの影響で静脈瘤が出やすくなっています。血管が青黒くこぶのように膨らんだものでふくらはぎや太ももの内側、外陰部などにでやすくなります。胎動はますます強くなり、パパが手を当てると分かるくらいになり妊娠陣痛があることも。

カンジタ膣炎など感染症が起こりやすくなる

カンジタはカビの一種ですが、おりものが多くなるため一度治っても再発を繰り返しやすい病気です。お産のときは赤ちゃんにも感染するので、早めに治療をしましょう。

赤ちゃんの様子

頭殿長(頭からお尻までの長さ)=32cm~37cm 体重700g~1100g

よく逆子になっていたりする事が

脳が発達して、脳の命令で体全体の機能や動きをコントロールできるようになります。神経系や感覚系もかなり発達してきます。赤ちゃんの五感の中で一番ゆっくり発達するのが視覚ですが、妊娠7カ月ごろには、光や音をよく感じるようになります。お母さんの脳で分泌されるホルモンの影響で、おなかの中の赤ちゃんも昼と夜の区別がついてくるようになります。

聴力や皮膚が完成

くっついていた瞼が離れ目を開けたり閉じたりも出来るようになります。鼻の穴も開通し、見る機能もでき始め味覚、嗅覚も発達してきます。25週には聴力も完成するので、ママの心音、ママの声も聴こえるようになります。(完成は妊娠8カ月)。子宮壁に触れるほどに赤ちゃんの体が大きくなり、いろいろな外界の音を赤ちゃんは聞けるようになります。

赤ちゃんはおなかにいる時から

考えたり記憶したり色々な感情も芽生え始め、ママの血管を流れる血液の音やママの声のリズム、それに抑揚などのパターンを記憶するといわれています。22週以降に自然に生まれた赤ちゃんは、流産ではなく早産になります。この時期は、お母さんの体から出てしまった赤ちゃんが、生きられるかどうかのとても大事な時期なのです。安定期だからといっても、あまり無理をしないようにしましょう。

この時期に揃えておきたいグッズ

日本語
avista

関連ピックアップ記事