妊娠32週~妊娠35週

妊娠32週~妊娠35週

ママの様子

子宮底長・・・約30cm~35cm(妊娠35週相当)

子宮底長は妊娠10ヶ月に入ると

赤ちゃんが少し下がってくる為この時期が一番長くなります。大きくなった子宮に胃や心臓、肺が圧迫され、胸焼けや息切れがおこります。子宮が膀胱を圧迫するため、おしっこの回数が増えたり、くしゃみや咳で尿が漏れてしまうことも珍しくありません。半面赤ちゃんにとっては窮屈になり、ときどき膝や肘を曲げた時にお腹が膨れる事もあります。お産の準備が進み、陰部が重たい感じがし、おりものがふえます。膣や子宮がやわらかくなっているしるしです。気になる時は、おりものシートやナプキンを使いましょう。

出産という大仕事にむけて

栄養をつけておきたいものですが胃がもたれるときは、無理をせず食べやすいものを食べましょう。この時期、特にプラスしたいのは緑黄色野菜です。母乳に不足しがちなビタミンKを補う効果があります。おっぱいのためにも少しずつ栄養補給しておきましょう。母乳に似た分泌物が出てくるため乳頭に白いカスのようなものがたまったりします。入浴時にきれいに洗って清潔にしておきましょう。いざというときに慌てない様に、お産の方法を確認しておきましょう。

赤ちゃんに、パパ、ママからの最初のプレゼント

名前の贈り物です。名づけについては、戸籍法という法律でつかえる文字がさだめられています。念のためつけたい文字があてはまるか調べておきましょう。ひらがな、カタカナは使えますが、アルファベットは使えません。

出産届と内祝いの準備

出生届は赤ちゃんが生まれた日を入れて、14日以内に出さなければいけません。それまでに決まらなかったりした場合は、とりあえず名前の欄を空白にして出します。届け出は本籍地か住民登録してある土地にするのが一般的ですが、里帰りなどをしている場合はその土地でも大丈夫です。

また出産後はママは慣れない

子育てで肉体精神ともに無理ができなくなるので、今のうちに内祝いの準備もしておきましょう。内祝いとは出産後お祝いをいただいた方々に、感謝の気持ちと無事生まれた名前の報告も兼ね、(のしに赤ちゃんの名前を入れ)贈るものです。

赤ちゃんの様子

頭殿長(頭からお尻までの長さ)=43cm ~ 46cm
体重=1900g ~ 2400g

体の各器官の機能が成熟して

赤ちゃんは羊水を飲んでおしっこをする様になり生まれてから、おっぱいを飲んで排出する準備を始めます。体つきもすっかり赤ちゃんらしくなります。肺機能も立派に整っているので体外生活も可能なくらいになりますが、まだ体温調節機能がじゅうぶんではありません。髪の毛もつめもあり、 皮下脂肪がふえ、皮膚は産毛が消えて薄桃色になり内性器、外性器ともに完成します。

妊娠28週ごろまでの赤ちゃん

羊水の中で元気にくるくると回転して、頭が上になるさかごの姿勢(骨盤位)になることもありますが、妊娠30週ごろには、ほとんどの赤ちゃんは、頭が下になる頭位の姿勢に落ち着きます。ですのでこのくらいの時期から、さかごの診断がついたら、お産の対策について検討する時期です。妊娠34週頃からの発育の個人差は大きくなります。この時期、赤ちゃんの発育を観察する方法はいくつかあります。

推定体重

超音波検査で体重を推定します。大横径(頭の横幅)、腹部面積、大腿骨の長さを測って体重を推定します。子宮内胎児発育遅延が疑われる場合には、さらに詳しい検査をします。

胎児評価

赤ちゃんが元気かどうかを調べることを「胎児評価」といいます。一番簡単で頼りになるのが、赤ちゃんの心拍数を調べる胎児心拍数モニタリングです。ママのおなかにつけたセンサーを分娩監視装置に連動して、心拍数を調べます。

この時期に揃えておきたいグッズ

日本語
avista

関連ピックアップ記事