1歳5~6ヶ月

1歳5~6ヶ月

1歳5ヶ月

成長のポイント

  • 早く歩き始めた子は小走りできたり、階段も上手に上り下りができるようになってきます。
  • 赤ちゃんの運動機能の発達は大きくなるにつれて差がひらいてきます。が、だんだんと平均になってくるので安心してください。
  • 手指もスプーンですくう、ボールを投げる、クレヨンでなぐり書き等かなり上達してきます。
  • 赤ちゃんは足から体内の熱を放散してるので、室内ではなるべく裸足で過ごすようにして下さい。
  • 靴下をはかせると転んでしまう恐れもあります。ので注意してあげて下さい。
  • 待つこと、我慢することも徐々に教えていってあげて下さい。
  • 待つことや我慢することを覚えたら同時に笑顔でほめてあげましょう。

1歳6ヶ月

言葉

  • 体重は1ヶ月に100~200g増えてきます。
  • 身長は1ヶ月に1cmに伸びてきます。
  • 階段を上手に上り下りできるようになってきます。ママと手をつないで登れるようになります。。
  • 小走りや後ずりも可能に。
  • 今まで、一方向のことしかできなかったが、この頃になると双方向の行動ができるようになります。
  • これまでは何でも真似で人の声にこたえてきたが、だんだん言葉を理解してきて身振り手振り、行動で答えるようになってきます。

双方向

  • 逆のことが自由にできるは発達のしるし
  • おもちゃを箱から出すだけでなく、「入れる」という逆のことができる。おかたずけ等を覚えさせるといいでしょう。
  • 階段の上り下り等。
  • 砂場でバケツに砂を入れ、スコップで砂をすくっては別のところに入れるようになります
  • ままごとでお皿には物を入れては取り出すことを繰り返します。

積み木

このあそびは脳にとってもよいと言われています。
はじめは崩すだけですが、積むことを覚えて2~3個積めるようになります。

あそび

この時期は砂場や水であそぶことが大好きです。
お散歩の時により道をして階段のあるところで上り下りやジャンプをさせてあげたりしましょう。
ひとり歩きも上手になるので、まっすぐ歩いたり、後ろ歩きをしたり色々チャレンジしてみるのもいいでしょう。
手足を十分に使う遊びをしましょう。
お絵かきやビンのふたを開ける練習、積み木、ファスナーの開け閉めなどを遊びとして行うといいでしょう。

ご飯

まだ大人の食事は食べられません。
5歳くらいまでは「幼児食」。味付けやかたさを変えて少しづつ大人の味に近づけていきましょう。
ご飯は大人と同じ硬さでOKです。栄養のバランスを考えて毎日決まった時間に食べるようにしましょう。

好奇心

子供が「自分で○○したい」というのは知的な発達、運動能力の発達などいくつかの条件が必要です。
一番の基本は好奇心があるかどうかです。
あとは「自己認識」が区別できるとき。
自分で○○したいというので芽生えたら自然と色々なことができるようになります。例えば、靴下をはけるようになったり、名前を呼ぶと「はーい」と返事をしたりします。

日本語
avista

関連ピックアップ記事