1歳7~8ヶ月

1歳7~8ヶ月

1歳7ヶ月

成長のポイント

  • ひとり歩きが上手になってきたこの時期にまっすぐ歩く練習や横歩きなどで遊ぶとよいでしょう。
  • 走って止まるの練習やジャンプの練習、片足たちなど。
    ジャンプの練習はまずは低いところからの飛び下りし、
    徐々に少し高いところへのステップアップ。大人と一緒にしてあげて下さいね。

何でも「やだ」という

これは自我が育ってきている証拠です。
例えば、着替えをさせたり靴をはきたがらなくて「やだ」と言うときは
服なら2つ選んで「どっちがいい?」などと二者択一にして選択させてやると良いでしょう。
そーすることにより、子供は「こっちがいい」と答えるようになります。
「やだ」という子供に対して叱りつけることはよくありません。
3歳頃までは子供の感情を受け止めてあげる事が大事です。

上下8本ずつ揃ってきます。
虫歯予防はしっかりとしてあげて下さい。
そろそろフッ素入り歯磨き剤等を使うとよいでしょう。
食後にお水かお茶を飲ませるとよいでしょう。

1歳8ヶ月

言葉

  • 好奇心を広げる遊びをし始めます。
  • 物の名前や形を覚える遊びや、物の長さや重さ、大きさを比べる遊びをするようになってきます。
  • ジャンプができるようになるので、斜めの姿勢からもできるようになってきます。
  • 前かがみになっても重心のバランスが保てるようになってきます。

着替え

自我が芽生えて何でも「自分で」を連発するようになってきます。
着替えも自分でやりたがり、スムーズにいかないけど自分でやるという事に意味をなすので
ゆっくり子供を見守ってあげましょう。
まずはズボンをはいたり脱ぐことからはじめます。
2才になると上着やボタンのある服にチャレンジするようになります。

道具

道具への関心が強くなり、食事ではスプーンやフォーク、砂場ではスコップや器などを
使って、自分の世界を広げます。
またお手伝いをすることで自分の力を発揮します。
子供の純粋な気持ちを受け止めてたくさん褒めてあげましょう。

日本語
avista

関連ピックアップ記事