警告メッセージ

もしも早産になってしまった時の豆知識

豆知識
日本語

  • 34週以降に生まれた赤ちゃんは自分で呼吸することができます。 しかし、身体の組織や機能は未熟であるために大きな負担になり、感染症に弱い状態です。
  • 赤ちゃんはNICU(新生児集中治療室)で過ごします。
  • 呼吸ができない赤ちゃんは…人工呼吸器をつけます。
  • ミルクが飲めない赤ちゃんは…点滴をし、鼻からチューブをいれてミルクを与えたりします。

赤ちゃんが自力で生きていける状態になるまでは、NICUで過ごします。

  • 24~25週までお腹で過ごしていれば、ほとんどの場合が命を救えるようになってきました。この頃の赤ちゃんは400~500gととても小さいですがミルクを少しずつ与えることで少しずつ成長します。

  • 早産になってしまってとてもつらい思いをするお母さんは赤ちゃんも必死に生きているので、 夫婦で力を合わせて赤ちゃんの成長を見守るべきです。NICUにいる赤ちゃんに面会もできるし、24時間面会もできる病院もあるので、赤ちゃんとできるだけ頻回に面会をし、順調に発育したり回復している姿をパパ、ママの目で実感しましょう。保育器の赤ちゃんは少しずつ順調に成長していきます。頑張る赤ちゃんを応援して、前向きにとらえるようにしましょう。

保育器から出れるのは?

体重が1500g以上になる頃にベビーコット(赤ちゃん用ベッド)にうつります。 この頃には口から哺乳瓶で飲めるようになっています。病気や奇形で手術や治療を受けた赤ちゃんは状態がよくなってからベビーコットにうつります。

状態が安定

体重が2300gくらい(目安)になると退院ができます。24~25週で生まれた子は、予定日の少しあとに退院できます。32~33週の子は、予定日より2週程度はやめに退院できます。

400~500gと小さく生まれた赤ちゃんは発育に時間がかかるため、場合によっては半年程度の入院が必要なこともあります。

avista

関連ピックアップ記事