警告メッセージ

赤ちゃんの予防接種

赤ちゃんの予防接種
日本語

赤ちゃんの免疫

子供は病気にかかりやすく、かかると重い症状になりやすいので、病気にかからないように守ってあげなければなりません。ママからもらった病気に対する抵抗力(免疫)は1歳ごろまでには自然に失われていきますのでこの時期を過ぎれば予防接種を受けて赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防する必要があります。

予防接種とは

感染症の原因となるウイルス、細菌または菌がつくりだす毒素の力を弱めて予防接種液(ワクチン)をつくり、それを体に接種してその病気に対する抵抗力(免疫)をつくることを予防接種といいます。ワクチンには生ワクチン、不活化ワクチンの2種類があります。

生ワクチンは生きた細菌やウイルスの毒性を弱めたもので、これを接種して感染を起こさせその病気にかかった場合と同じ抵抗力(免疫)をつくらせるものです。(ポリオ、麻疹、風しん、BCG )不活化ワクチンは細菌やウイルスを殺し抵抗力(免疫)を作るのに必要な成分を取り出して毒性をなくしてつくったものです。体の中で細菌やウイルスは増殖しないので、何回か接種して抵抗力(免疫)を作らなければいけません。(DTP(ジフテリア.百日ぜき.破傷風 ),日本脳炎)

集団接種と個別接種

集団接種は自治体などから通知が届いて決められた日に保健所などで集団で受ける予防接種です。個別接種は自己負担でかかりつけの病院などで受ける予防接種です。

勧奨接種と任意接種

勧奨接種はある年齢になれば是非受けるように国が積極的にすすめているもので、国や自治体が費用を負担して受けることがことができる予防接種です。(ポリオ、BCG,麻しん、風しん,DPT)
任意接種は希望者が自己負担で受ける予防接種です。(おたふく風邪、水疱瘡、インフルエンザなど)

avista

関連ピックアップ記事