警告メッセージ

産後のママの様子

日本語

後陣痛(あとばら)

出産の後に子宮が元の大きさに戻ろうとする為に収縮を繰り返し陣痛に似た痛みが起こります。後陣痛は分娩当日から翌日がピークでその後、徐々におさまっていきますが人によっては3~4日くらい続くことがあり初産婦さんより経産婦さんの方が強く痛みを感じるといわれています。しかし個人差があり、まったく痛みを感じない人もいます。

授乳のとき赤ちゃんがおっぱいを吸うときの刺激で子宮を収縮させるホルモンが分泌され強く痛みを感じることがあります。このことは、赤ちゃんがおっぱいを吸うことでママの産後の回復を促していることにもなっていることがわかります。

悪露の変化

悪露とは分娩時に産道や子宮、膣にできた傷からでる血液とリンパ液に粘膜や脱落した細胞などがはがれ出る為分娩が終わると生理のような出血が続きます。

分娩直後は鮮やかな赤色をしていて量もかなり多めですが順調に経過すれば薄褐色から白色のおりものに変わり量も減っていきます。

悪露の色や量は子宮に回復の目安になります。流れ出るような感じが続いたり、血液のかたまりが出る、ひどい痛みが続くなどの症状があればすぐに医師に相談しましょう。

avista

関連ピックアップ記事