警告メッセージ

不妊治療で使用されている薬

不妊治療で使用されている薬
日本語

高プロラクチン血症治療剤

排卵障害の原因である高プロラクチン血症を治療するための薬として使われています。 副作用としては、幻覚、潰瘍、高血圧、発疹、頭痛、吐き気、しびれ、耳鳴り、便秘、食欲不振、寒気などの症状がでるようです。

子宮内膜症治療

子宮内膜症や子宮筋腫、機能性子宮出血、月経困難症、習慣性流産などの治療に使われる薬になります。副作用としては、脱毛、うつ、外陰部のかゆみ、膣の乾燥、にきび、発疹、不正出血、おりもの、貧血、腰痛、吐き気、便秘、下痢などの症状がでるようです。

排卵誘発剤

無排卵が原因の不妊症の場合に排卵を促す治療がおこなわれています。穏やかな内服薬と強力な注射薬が使われています。副作用としては、卵巣が腫れる、視覚症状、頭痛、情緒不安定、嘔吐、口渇、疲労感などの症状がでるようです。

卵胞ホルモン、黄体ホルモン混合製剤

2種類のホルモンを補い、月経異常や機能性子宮出血、月経周期の調節を目的として使われています。内服薬と下腹部の臀部(でんぶ)に貼る貼付薬があります。副作用としては、肝機能の異常、不正出血、発疹、むくみ、頭痛、めまいなどの症状がでるようです。

黄体ホルモン剤

黄体ホルモンを補うための薬です。主に無月経や黄体機能不全や卵巣機能不全などの治療で用いられています。副作用としては、うっ血性心不全、むくみ、体重増加、動悸、血圧上昇、頭痛、めまい、うつなどの症状がでるようです。

不妊治療で使われている漢方薬

本来人間が持つ自然治癒力を高めて生殖機能の働き改善し、妊娠しやすい体に整えてあげる治療法です。 体内に足りないものを補なって衰えた機能を促す、西洋薬の治療法とは異なります。すぐに効果が現れるものではありません。重い副作用が心配な方や副作用で体が弱ってしまっている場合に適した治療法とされています。

主に2種類あります。

漢方成分を抽出した粉末状に加工された漢方エキス製剤と生薬と呼ばれる薬草を調合する煎じ薬になります。ほとんどの医療機関では、漢方エキス製剤が使われています。

芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)

プロラクチンや男性ホルモンの分泌を抑える効果を期待出来る。高プロラクチン血症や高テストステロン血症の治療に。

加味逍遥散(カミショウヨウサン)

ストレスによる乱れたホルモンバランスを整える働きがあります。子宮内膜を整えたり卵胞の発育を促進する効果が期待できます。イライラや不安、疲れやすく不眠などが多い方に処方されています。

桂枝茯苓丸(ケイシプクリョウガン)

血行を良くし、熱のバランスを整える効果があります。黄体ホルモン分泌を促進するとも言われています。

温経湯(ウンケイトウ)

血液循環をよくして体全体を温める効果があります。ホルモンバランスを整え、排卵効果を期待できます。冷え性なのに手足がほてる、便秘、下腹部の冷え、皮膚や唇が乾燥しやすい人に処方されています。

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

血行を促進して体を温めて黄体ホルモンの分泌を促し、排卵や着床を助ける効果が期待できます。卵巣機能の改善に使われいて、頭痛や肩こりある方に処方されています。

avista

関連ピックアップ記事