警告メッセージ

不妊の原因は以外に男性側に

不妊の原因は以外に男性側に
日本語

男性不妊には、先天性のもので精子の数が少なかったり、動きが鈍いなどの性機能不全やストレスによるアルコールや喫煙、また肥満、病気による薬の影響で機能障害をおこす後天性のものがあると言われています。男性不妊の場合、精液の異常が8割を占めています。精液の場合、見た目もわからないですし、痛みや症状がないので精液検査をして不妊症だとわかる方がほとんどです。年齢とともに、不妊症になる割合が高くなります。しかし自覚症状がない男性の方がほとんどです。

正常な男性の精液

正常の精液は、1cc あたり 2000万~1億の精子がいるといわれています。1cc に2000万の精子がいない場合は、乏精子症とされ男性不妊の原因とされています。乏精子症の8割近くがはっきりした原因不明だといわれています。

男性不妊の治療

不妊の原因に応じて、薬物療法や手術をおこなっているのが現状です。性機能障害では、抗うつ薬などを使って治療をおこなったりします。また勃起不全などのEDへ治療薬としては「PDE-5阻害薬」などが使われています。

内科的治療として

喫煙、アルコールの過剰摂取などの男性不妊の原因と考えられる要素を可能な限り除去する方法です。精子の数が少ない、運動率が低いなどの症例に、漢方薬、ビタミン剤、血流改善薬なども使用します。

クロミフェン法

精子無力症に対して、ゴナドトロピン製剤を用いてエストロゲンのフーィドバックを阻害し精子の産生を促進させる治療法です。

非ホルモン治療

男性の不妊治療としてホルモン剤を使用しない、漢方薬やビタミン剤を中心とした治療法です。

GnRH療法

GnRHを少量または持続的に投与することで、ゴナドトロピンの分泌を促すという治療法です。

下垂体ゴナドトロピン療法

低ゴナドトロピン性性腺機能低下で精子の造精能力がおちている場合、ゴナドトロピンを補充して精子の産生を促す治療法です。男性不妊の薬物療法で最も期待されている治療法です。

avista

関連ピックアップ記事