警告メッセージ

陣痛って話しには聞くけど痛いの

陣痛って
日本語

話を聞けば聞くほど陣痛は痛い話しばかり。実際はどうなの。陣痛は、子宮が収縮することでおこります。子宮は普段でも収縮したりしています。日常の生活のなかでは、生理痛やセックスをした時などに収縮します。陣痛の時の収縮は、日常の収縮よりも大きく収縮します。陣痛の痛みを例えるとすごく強い生理痛ともいわれています。

陣痛が来るとどうなるの

陣痛が来ると発汗、寒気など、全身に変化が現れます。頭の中がふわっとした状態になったり、感覚は敏感になったりします。痛みには個人差があって、そんなに痛みを感じなかったりする人もいます。すごく痛く感じる人もいます。腰痛がひどくなったり、嘔吐や下痢をする人もいるそうです。

落ち着いて対処できるように

いまから正しい知識を身に付けましょう。不規則な陣痛は前駆陣痛といい、本格的な陣痛前にきます。痛みについては、個人差がありますが、本格的な陣痛の前にすぐに来る人もいれば、長い人であれば、一週間前くらいから来る人もいます。生理の時の痛みと同じくらいのようです。

その後、陣痛が規則的に起こるようになった時の状態を有効陣痛といいます。有効陣痛は、間隔が短くなるにつれて痛みは増していきます。本格的な陣痛が来てから、個人差はありますが1~3時間でお産する人もいれば、10時間以上掛かる人もいるようです。初産の場合は、比較的にながいお産になるので慌てないでリラックスすることが大切です。

微弱陣痛による難産

予定日の超過を避けるため、陣痛促進剤を使う場合があります。微弱陣痛とは予定日を過ぎてしまう場合に、赤ちゃんに悪影響を与えないようにするために陣痛促進剤を使うそうです。微弱陣痛は難産になりやすく出産がたいへんになったり、胎盤の機能が低下することによって赤ちゃんの脳や臓器に悪い影響を与える恐れがあります。そのような事態を回避するために陣痛促進剤を使います。

陣痛促進剤のリスク

陣痛が強くなりすぎて胎児仮死するなど、副作用の可能性もあります。ただ、陣痛促進剤を使用しないとお母さんが安全に赤ちゃんが産めないと同時に、必要があるから使用するのです。不安な方は出産前に医師や助産師に確認をして、安心して出産の日を迎えてください。

初めて出産する方に

妊娠したら出産に適した姿勢やリラックスする方法を勉強をしましょう。落ち着いて出産の日を迎えるようにしましょう。ちなみに陣痛中は、誰かがそばにいて欲しいと想う妊婦さんが大半なので安心して出産して貰うために、パートナーは、そばにいてあげましょう。なかには、まわりに人がいるとだめな妊婦さんもいます。いちばんリラックスできる方法で出産の日を迎えましょう。

avista

関連ピックアップ記事