警告メッセージ

赤ちゃんに安心なお水でミルクづくりをしたい

安心なお水
日本語

赤ちゃんがいるお宅は、ウォーターサーバーの利用をお勧めします。赤ちゃんのミルク作りにウォーターサーバーを使って、お湯も簡単に出せるので赤ちゃんのミルク作りがすごく簡単になった。最近では、自宅に冷蔵庫や炊飯機と同じような感覚でウォーターサーバーをおく家庭も増えてきました。スーパーなどの水を買って持ち帰る手間もなくなり、ごみを捨てる手間がなくなったと便利な点もたくさんあります。ウォーターサーバーの水は、ペットボトルの水や浄水器の水と何が違うかを簡単に説明します。

水の種類とその違い

水道水は消毒の為にカルキが使われています。発がん性物質のトリハロメタンや硝酸態窒素などが含まれていることもあります。体への影響が心配されています。

浄水器の水

水道水から残留塩素やトリハロメタンをろ過して水道水の安全性を高めています。定期的なカートリッジの交換をしていないと汚れた水になってしまいます。硝酸態窒素などを除去する浄水器は高額な費用が必要になります。

ペットボトルの水

スーパーやコンビニなどで売られています。直接口をつけて飲むことから、開封後はなるべく早めに飲む必要があります。最近では、ペットボトルの水から硝酸態窒素が検出されました。

スーパーなどの給水器の水

専用のペットボトルを購入すれば無料で給水できます。水道水をろ過した水で残留塩素は少なくなっています。水の入ったボトルの容器を自宅まで運ばないといけない。

ウォーターサーバーの水

飲料水を蓄えられる機器で手軽で使いやすい。水の質も天然水やRO水などがあります。メーカーによって、ろ過方法や原水に違いはあるが、放射性物質などの検査しています。

出産前後には、軟水のお水をおすすめ

市販されている粉ミルクにも、ミネラル成分が含んでいます。その結果、ネラル成分を豊富に含んだ硬水は、内臓に負担を与えてしまう場合があります。新生児、乳児は、内臓が発達していません。妊娠中、出産後にも軟水がおすすめします。お母さんがミネラル豊富な水を飲んでしまうと赤ちゃんに過度なミネラル成分を摂取してしまうおそれがあります。最近では、赤ちゃん用のペットボトルの水が売れています。体の為に安全な水をお選びください。

avista

関連ピックアップ記事