警告メッセージ

出産祝いの贈り方

出産祝いの贈り方
日本語

出産祝いのマナーを知っておこう。

出産は、お祝い事の慶事にあたり、いろいろな習わしがあります。赤ちゃんの出産祝いを贈る時期ですが、お七夜(生後7日)からお宮参り(生後1ヶ月)までの期間が一般的です。お祝い品を直接お渡しする場合は、母親の体の状況を考えてお宮参りの前くらいにした方がいいでしょう。

ご祝儀の表書きについて

ご祝儀の表書きには、「御祝」「御安産御祝」「祝御出産」「御出産御祝」などが使用されます。また、紅白・赤金・赤銀(5本か7本)の水引の結び目の中央より下に、すこしだけ小さめの字で「姓名」を書きます。祝儀の金額は、5,000円~1万円位です。必ず、新札で贈ってください。

出産祝いで喜ばれる物

赤ちゃんが使う物が基本なのですが、すでにお母さんが気に入った物を購入している場合が多く、赤ちゃんに使う物や着せるものなど、こだわりがある場合も多いです。ですので、出産のねぎらいを兼ねてお母さんが喜びそうな物をプレゼントする人も増えています。例えば、お肌の疲れを解消する化粧品やストレスを解消する様ないい香りがするアロマオイルや入浴剤などもすごく喜ばれます。

やはり定番の出産祝いといえば

ベビー服です。赤ちゃんの成長は早いので1~2年先に使用する物などが喜ばれます。他には、幼少期に長く使える定番の積み木などの玩具などが喜ばれています。最近では、友人みんなで一つの物を共同購入する形でベビーカーなどをプレゼンすることもあります。ただ、ベビーカーなど購入の場合は、親族の方がすでに購入している場合があります。本人に確認してから購入しましょう。

出産祝いで注意すること。知らないと台無し。

必ず、生まれてきた報告を聞いてから

お祝いの言葉を伝えましょう。妊娠中、順調に育ている話を聞いていても、出産時にどの様なカタチで出産するかわかりません。そんな時に、おめでとうという言葉を伝えるのは、非常識な言葉になります。気をつけましょう。

産後にすぐ連絡するのはやめましょう

産後は、休養のために里帰りするお母さんも多いです。母体の回復に必要な時間になります。 また、すぐに病院へ駆けつけるのもをやめましょう。お祝いに訪問した際は、お母さんの体調や赤ちゃんの体調も考えて長い居をするのもやめましょう。

訪問時に気をつけること

当たり前のことですが、マスクを付けていても風邪をひいている時や体調が悪い時は、訪問するのはやめましょう。赤ちゃんは、細菌に対しての免疫も低い状態です。赤ちゃんに触れる時も、衛星面まで気を使いましょう。お母さんも赤ちゃんもデリケートな時期です。

avista

関連ピックアップ記事