警告メッセージ

出産育児一時金ってもらえるの

出産育児一時金
日本語

出産育児一時金の受給対象者は、健康保険の加入者で被扶養者又は被保険者です。 妊娠4ヶ月以上の出産であることが必要です。(生産、死産、早産なども含まれます。)

出産は病気にかかる場合と違う

健康保険が使えません。出産費用は、全額自己負担となります。ただ、経済的負担が大きいため、出産育児一時金が支給されます。金額は、現在のところ子供ひとりあたり42万円が支給されています。但し、産科医療補償制度がある医療機関や病院で出産した場合で、在胎週数が22週に達していない場合は39万円となります。それ以外には、双子や三つ子の場合でも42万円×人数分の支給になります。

双子や三つ子(多胎)の場合

出産育児一時金の申請時に「多胎証明」が必要です。担当医師より、発行してもらってください。また、加入している健康保険や国民健康保険よって、その他にも、給付金等が支給される場合があります。市区町村役場や勤務先の加入保険の内容など確認してみましょう。

支給方法について

以前は出産前に出産費用を先にお金を支払わないといけなかっが、21年10月1日からは少子化対策の一環として、医療機関等が出産者にかわって出産育児一時金等の支給申請をおこなう受取代理制度や直接支払制度が出来るようになりました。それにより、出産者が加入している健康保険から病院へ直接お金が支払われる事になりました。出産者は、出産前に出産費用を用意する必要がなくなりました。42万円が上限となっていますので、42万円を超えた治療費や入院費が掛かった場合は、産院や病院に差額の請求があり、支払うことになります。

出産前に必ず確認しよう

直接支払制度を導入していない医療機関でも

受取代理人制度が利用できる病院もあります。

直接支払制度も受取代理人制度のどちらもおこなっていない医療機関で出産する場合は、従来の産後申請方式になります。診察を受けている医療機関に上記の出産時の制度があるか確認しましょう。

出産育児一時金の手続き方法

三つの方法があります。

産院から直接支払制度の説明を受けて

出産者自身が必要な書類をもって出産前に健康保険へ書類を提出する方法です。

産院から受取代理制度の説明を受けて

出産前に加入している健康保険へ書類を提出して手続きを産院がおこないます。 ただ、受取代理人制度は、医療機関が出産者のかわりにに手続きをおこなうため、手数料が数万円掛かるところが多いようです。

産院から産後申請方式の説明を受けて

出産費用を出産前に支払い、出産後に必要な書類を健康保険へ提出して手続きをおこない、後日に出産一時金の支給を受ける方法です。

もっと詳しく知りたい方は、厚生労働省のホームページをご確認ください。

avista

関連ピックアップ記事