警告メッセージ

化学的流産ってなに

化学的流産ってなに
日本語

一般的にいわれている流産とは違います。化学的流産は、着床(ちゃくしょう)して妊娠反応がでたが、胎嚢(たいのう)ができる前にその発育が止まって生理のような出血をします。腹痛や大量に出血するなどの症状ではありません。ほとんどの方は築きません。単に生理不順や重い生理痛にしか感じないようです。

生理不順が酷く生理予定前に

妊娠検査薬などで調べたときに妊娠反応があって初めて築きます。昔の妊娠検査薬では、精度がよくなかったので、化学的流産は知られていなかったですが、近年の妊娠検査薬の精度は高くなっているので、妊娠検査薬を使用した際に妊娠反応が一時的に出る場合があります。これが化学的流産といわれています。

化学的流産があっても気にしなくてもいい

性行為をおこなっている男女間では、当たり前のように起きている現象です。着床(ちゃくしょう)しても、妊娠が継続しないのがほとんどの理由です。受精卵の偶発的な染色体異常によるものです。受精卵の約45%位に染色体異常があると言われています。その半数が着床できずに、そのまま生理となります。あとの半数が化学的流産といわれています。妊娠検査薬に妊娠反応が出るということは、妊娠できる体ということになりので、化学的流産があってもあまり気にしないでください。

特別な対策や治療の必要はない

特に化学的流産が多くて妊娠しないなどで、特に医療処置はありません。この期間の性行為はしてはいけないなどもありません。子供を作りたい女性で、 あまりに繰り返すようでしたら違う原因が考えられる場合があります。一度、産院に検査にいってみましょう。

着床しにくいのどうしてなの

基礎体温を計って排卵日に受精しやすいの当たり前のことです。しかし、着床(ちゃくしょう)しないのは、女性のホルモンバランスがわるく、質のよい卵が育ってなかったり、着床準備が不十分な状態だと考えられます。日ごろから、妊娠しやすい体質改善を心がけましょう。

avista

関連ピックアップ記事