警告メッセージ

妊婦さんが安全に入浴する方法

妊婦さんが安全に入浴する方法
日本語

よく聞く妊婦さんのお風呂の入り方

体重が重くなり、だんだんお腹も出てきます。入浴をする時に気をつけないといけないことは、たくさんあります。まず、お風呂に入る時に気をつけないといけないのは、椅子が低い場合にお腹に負担が掛かります。それを掛けないように座ろうとすると、後ろにひっくり返って頭を打ったり、大ケガをする場合があります。お風呂の椅子は、お腹が大きくなる前に背が高い大きめの椅子に交換しましょう。

ビニール製のお風呂マットは使わない

ビニール製のお風呂マットは、水に濡れると滑りやすく転倒する恐れがあります。ビニールマットを使用するのは非常に危険です。滑り止め専用マットを使用しましょう。逆にお風呂の出入りが安心です。浴槽内も意外と滑りやすいので注意しましょう。

脱衣所の床やお風呂場内

余計なものを出来るだけ置かないようにしましょう。足元の視界が良くないのでつまずいて転ばないようにしましょう。

お風呂にはいる時

出来るだけ家族がいる時に入浴しましょう。妊娠中の入浴は出来るだけ体を冷やさないようにするため、先に浴室暖房などでお風呂場を暖めたり、浴室暖房が無くても、入浴前に湯気でお風呂場を温めて体を冷やさないように工夫をしましょう。

どうしても一人で入浴する時

すぐに連絡がとれるようにお風呂場の近くに携帯電話を置いた状態で入浴しましょう。入浴中に体調を崩すケースが多いです。出来るだけ家族がいる時に入浴しましょう。それ以外でも、入浴する時間は急に体調を崩しても、身内の方や友人が呼べる時間帯にしましょう。

体を洗って立ち上がる前に

必ず、お風呂の床に残ったシャンプーやボディーソープは流してから立ち上がりましょう。

妊娠中の入浴剤について

妊娠中は、以前の体質と変わる場合もあります。いままで大丈夫だったものが肌に合わないなど変化が現れる場合もあります。また、発汗作用がある入浴剤もあり、体調を崩す場合もあります。妊娠中は、どういった体調の変化が現れるかわからないので、出来るだけ使用をさけた方がいいでしょう。

avista

関連ピックアップ記事