警告メッセージ

出産後は妊娠しやすいの

出産後は妊娠しやすいの
日本語

出産後、妊娠しやすいという話しをよく聞くのですがなぜでしょう。妊娠しやすいという医学的な根拠はありません。ただ、年子のように半年もしない間に妊娠してしまう方もいます。考えられる要因をあげてみました。

出産後、一年以内は妊娠しやすい

まったく根拠はありません。出産により、体質もかわって子宮や卵管がきれいになって妊娠しやすくなったなど、いろいろ言われています。ただ、出産後に生理がなくても、母乳がほとんど出なかったお母さんが生理が早くきて、妊娠したなどの話しも聞きます。

出産後に妊娠しやすくなった

妊娠しやすくなったと言うよりは、排卵周期が不安定な状態での性行為により、避妊ができずに妊娠したという方が正しいかも知れません。出産後、妊娠しやすくなったという人もいます。

出産後に半年も経たずに

第二子を妊娠した話しもよく聞きます。このような状況を考えて、妊娠する可能性が高いということも頭にいれておきましょう。

出産後は妊娠しやすいか

母乳をあげているかによって変わるという人もいます。出産後に早くに妊娠した方は、母乳を育児でやらなかったという人や母乳が出なかった人などによく言われます。母乳を与えていても、生理が再開していればすぐにでも妊娠します。

出産後は妊娠しにくいという人も

出産後、妊娠しにくい理由としては、出産後のお母さんが子供に母乳を与えている期間が長い場合に、プロラクチンという成分が分泌されて生理がこないと言われています。その結果、妊娠しにくいとも言われています。

すぐに二子目を生みたい方へ

30代後半で第一子を産んだ場合や直ぐに次の子供を産まない年子にしたいなど、産道が柔らかいうちに二人目を生みたいなど人それぞれです。母乳を与えるのを止めて、生理が再開されるのを待ちましょう。生理の再開には、個人差はありますが1ヶ月くらいでほとんどの方は再開します。

初出産から時間が経って二子目を生む人へ

初出産とほとんど変わらない状態で生むことになります。二人目を生む予定をしているご家族であれば、早めに出産した方がいいかも知れません。

avista

関連ピックアップ記事