警告メッセージ

妊娠中毒の対象法や妊娠線が出ない予防法など

妊娠線が出ない予防法
日本語

妊娠中毒は、高血圧で蛋白尿をおこす場合をいいます。立ちくらみや体がむくんだりする症状がある場合に、出産をおこなう母子ともに危険な状態で出産することになります。

妊娠中毒を改善する方法

まず、一番の改善方法は、食生活を変えることから始まります。妊娠中毒症の症状がひどい人は、食生活の改善以外にも十分な休憩をとることも大事です。規則正しい睡眠をとるだけでもかなりの改善が見込めます。出産までに、しっかり体の体調を整えましょう。

出産後の妊娠線について

出産後、半年を過ぎたくらいから妊娠線が出てきます。ご存知のとおりお腹に赤ちゃんがいたことでお腹の皮膚が引き伸ばされて出来るものです。本来なら誰もが出るものですが、なかには妊娠線が出ない人もいます。不思議です。個人差なのでしょう。

妊娠線の予防について

お風呂あがりに保湿クリームをつけて、マッサージをする。皮膚を柔軟な状態にすることで妊娠線がでないように予防をします。何事もお手れと後片付けが大事ってことです。妊婦さん向けにたくさんのボディークリームやマッサージクリームが売られています。普段あまりお肌のお手入れをしない人も妊娠線の予防を兼ねてお肌のお手入れもしましょう。妊娠中や出産後は、ホルモンバランスの乱れもあり、すごく肌が荒れたり、血行不良になりがちです。時間もたっぷりあります。リッラクスしてマッサージをするのもよいでしょう。

市販の妊娠線予防のクリームやオイルを使うのも良いですが、最近は赤ちゃんが口にしたり、触れたりしても安心ということからオーガニックのココナッツオイルを使う方も増えてきています。
べたつきの少ない軽いテクスチャなので扱いやすく、肌への浸透もよいので一度試してみてはいかがでしょうか。

ひとりで運動が嫌いなあなたでも

出産前にお腹の赤ちゃんと一緒に適度な運動をするのはいかかでしょう。最近では、マタニティヨガやマタニティエアロビというものがあります。骨盤ちかくの筋肉を整えることで安産に生めると好評だそうです。妊娠中の運動不足の解消にもなります。

avista

関連ピックアップ記事