警告メッセージ

育児休業給付金

育児休業給付金
日本語

働くお母さんが育児休業中に受ける雇用保険制度です。赤ちゃんが一歳になるまで受けられます。状況によっては、最長一歳6ヶ月まで受給されます。お母さんじゃなくても、お父さんが育児休暇を取ることも可能です。同時に育児休暇を取得する場合でも一年2ヶ月まで受けれます。

基本的は一歳まで

育児休業給付金は、一歳を超えても育児給付金が受けれるのは、保育所が定員待ちで入所ができなかったり、配偶者が病気や死亡したなどの特別な事情がある場合のみです。それ以外は、一歳までとなります。

育児給付金の対象者

育児休業を取得するお父さんかお母さんで育児休業に入る過去2年間、月11日以上会社に勤務し、尚且つ12ヶ月以上継続していることが条件になります。当然ですが雇用保険に加入されていて支払われていることも必要です。

契約社員、派遣社員、パート社員も対象

期間雇用者の場合は、育児休業の開始時に1年以上同じ会社で就業していて、赤ちゃんが一歳になった時に継続して雇用される見込みがあることが条件になっています。

その他、追記事項

育児休業をとらないで職場復帰した場合や育児休業が終了後に退職される場合は対象外です。育児休業を取らずに職場復帰をするお母さんやお父さん、また育児休業が始まる時点で育児休業終了後に会社を辞める予定のお母さんやお父さんは対象外です。育児休暇中は、会社から給料支給が8割以下であれば問題はありません。超える場合は、育児給付金は受けれません。

育児休業給付金の支給

育児休業給付金は、育児休業開始から180日(6カ月間)までは、月給の67%支給されます。育児休業開始から181日からは、月給の50%が支給されます。月給の計算方法には、残業代やボーナスは含まれません。休業開始前6カ月間の給料の平均になります。育児休業給付金は、2カ月ごとにの支給になります。詳しくは、管轄ハローワークの窓口までご確認ください。2014年4月現在

育児休業給付金の手続き

ほとんどは会社で行います。会社の総務や人事に相談しましょう。育児休業をどれくらい家族で取るかを決めて、育児休業基本給付金の申請書と受給資格確認票を育児休業に入る1カ月位前に、必要事項を記入して会社に提出しておきましょう。

avista

関連ピックアップ記事