育児と摂食障害

育児と摂食障害
日本語

後悔するのは、わかっているのにやめられない

とにかく食べてしまいます。食べたあとは、自己嫌悪になります。なにもやる気がおきなくなります。しかし、頭のなかは、食べることばかり考えています。吐いたりもしません。育児ストレスは、食べて発散する人は多いようです。

子供は大きくなっても

疲れたりすると食べたい要求が抑えられません。規則正しい生活をしてダイエットを頑張ろうと想うだけでは、なかなか止められないの現実です。誰かと話すことが大事です。また、育児以外の自分の時間を持つことで本来の自分を取り戻し、食生活の乱れもなくなり体重も減ります。また、適度な運動をすることで体型も少しずつ戻って来ますので、好きな服も着れるようになります。

食欲を抑えられないのは

摂食障害の可能性もあります。人間関係やコミュニケーション不全から起こる過度な食事の摂取になります。依存症の一種です。最近では、育児するお母さんの回りに育児を応援してくれる人がいないケースも多く、摂取障害になりやすくなっています。症状が酷い場合は、内科又は精神科のはやめの受診をお勧めします。このような症状でお悩みのお母さんは、病院にもたくさんいますので気軽に受診してください。

摂食障害は心がけで

軽度の摂食障害ならば自分の心がけで治せます。体重が増え続けて困る場合は、食事制限や定期的な断食をしましょう。一度、断食で食欲をリセットするのも有効かもしれません。新陳代謝を良くなり、脂肪が燃焼しやすくすなります。便秘もなくすといった健康的に痩せやたい方に効果があると言われています

断食をすすめる医師も多い

日々、必要以上の食事を摂取して、かえって健康を損ねているとも言われています。重要なのは量ではなく質です。バランスが良い食事は心を満たします。炭水化物や甘いものだけなど、好きなものだけ食べているのも、過食の原因になっています。

無理なダイエットは必ずリバウンド

一時的に改善しても必ずリバウンドして、その度に重症化していきます。ダイエットは、継続が一番ですが、なかなか人間は継続ができない生き物です。継続ができないと想う方は、心療内科やカウンセリングなど専門医にかかって、ご自身の問題と向き合う方が良いかも知れません。

avista

関連ピックアップ記事