想像妊娠

想像妊娠
日本語

想像妊娠は、実際に妊娠しているような症状が現れます。ほとんど、日常のストレスと性行為のあとに、もしかしたら妊娠してるかもと不安になり、生理が止まってしまう現象です。

想像妊娠の原因

いちばん多いのは、思春期や精神的に未熟な時期に、女性ホルモンの働きが不完全になっておこります。精神状態が悪いときは、かなりの長期間にわたり、生理が来ないこともあります。特に、具体的な治療法はないのですが、精神的なストレスが解消された場合や安心したときに生理が再開されることが多いようです。普段から体調管理が重要ということになります。

つわりや胸のハリなども見られる

想像妊娠の症状は、単に生理が止まるだけでなく、本当に妊娠をしたかのような症状も現れます。妊娠の経験をしたことがない女性には、まさに妊娠したとしか想えません。

上記以外での原因では

妊娠を強く願っている女性の方にも多く見られます。いまは、妊娠検査薬の精度が高いので調べてみると妊娠しているかはすぐにわかります。また、今までに中絶を何度も繰り返している人は、妊娠したかもという大きなストレスで生理が止まりやすく、妊娠したかなのような症状が多く出てしまいます。

想像妊娠の症状

軽いつわりのような症状がでます。胸の張りやイライラ、吐き気、眠気などを感じる人もいます。想像妊娠を何度も繰り返し起こす方は、産婦人科で受診して、漢方薬などを処方してもらい、自然治癒力を高めてホルモンバランスを整えるのもいいでしょう。

精神的なストレスを解消させる方法

想像妊娠を避けるために、毎日基礎体温を測り確かめるのも効果的です。妊娠の可能性が無いと判断できれば、想像妊娠の症状からも開放されると考えられます。中絶を繰り返している人は、逆にピルなどの避妊を行うことで、想像妊娠の症状から開放される場合があります。

普段から疲労やストレスを溜め込まない

休みの日には、適度な休憩や外に気晴らしをしましょう。心と体のリフレッシュが想像妊娠の防止になります。

avista

関連ピックアップ記事