男女の産み分けってできるの

男女の産み分け
日本語

昔から、ひとり目は男の子が欲しい、ふたり目は女の子が欲しいなど、夫婦間にいろいろな将来設計があります。実際に男女の産み分けが出来るのかを調べてみました。

男女の産み分けは可能なのか

結論からいいますと不可能です。ただ、昔から言われている男女の産み分け方法の内容を纏めてみました。根拠は全くございません。男女の産み分けを希望している方の参考になれば幸いです。

まずは、基礎体温から

排卵の周期を知ることから始めます。基礎体温は、朝おきたら体温をはかります。男の子が欲しい場合、排卵日に性行為をするそうです。女の子がほしい場合は、排卵日の前日に性行為をするのがよいそうです。

食事による男女の産み分け

昔からある食事による男女の産み分け方法です。男の子を産みたい場合は、男の人が肉や魚を中心に食べ、女の人が野菜を中心とした食事をする方法です。逆に女の子を産みたい場合は、男の人が野菜を中心とした食事を採って、女の人が肉や魚を中心とした食事をするとよいそうです。




 

酸性、アルカリ性による男女の産み分け

精子は、大きく分けると2種類の精子に分かれます。ひとつは、女の子の遺伝情報を持ったX染色体と男の子の遺伝情報を持ったY染色体の精子になります。女性の膣内は酸性です。女の子の遺伝子情報を持ったX精子は、酸性に強いため有利だと考えられます。だだ、子宮や卵管内は、X精子が苦手なアルカリ性になり、逆に男の子の遺伝子情報を持ったY精子はアルカリ性に強く、有利だと考えられます。ですので、男女の産み分けは当然2分の1になります。

最近では、性行為の前に

上記の酸性、アルカリ性の性質を利用した、男女の産み分けゼリーなどが、ネット通販で売られているようです。その他には、女の人がオーガズムに達したり、子宮頸管はアルカリ性が強いので、奥で射精すると男の子が生まれやすくなるなど、逆にオーガニズムに達しない性行為であれば女の子が生まれやすくなるなど言われています。

avista

関連ピックアップ記事