若年性更年期障害による不妊症

若年性更年期障害
日本語

年々、20代や30代の働く女性に仕事のストレス、不摂生で更年期障害のような症状を訴える女性が増えてきました。いままで、50代前後から10年間位が更年期障害と呼ばれていた時期でした。

20代、30代の女性が更年期障害の症状

生理が不規則で生理痛が重いなど、体のほてりや手足しが冷える、更年期障害に似た症状を訴える女性が多くなりました。ほとんどが、男性と同様にキツイ仕事でストレスを多く抱え、ホルモンバランスを崩し、若年性更年期障害をおこしています。その他の原因としては、無理なダイエットや食生活の乱れが、若年性更年期障害を増やしていると指摘されています。現代女性に多く見られる生活習慣病も原因とされています。

若年性更年期障害が原因で不妊症に

不妊症は、閉経に伴い卵巣の機能が低下し、女性ホルモンであるエストロゲンが減ってくることが言われています。若年女性は、季節に関係なく肌の露出も多い服装をしていることもあり、心身ともにホルモンバランスを崩しているの原因とされています。

若年性更年期の可能性がある症状

若年性更年期障害に掛かると、尿が近い、不眠症である、冷え性である、腰痛や肩こり、冷や汗をかく、変な汗をかく、肌が乾燥している、頭痛がある、めまいや立ちくらみを感じる、動悸がある、疲れやすいなど、身体的な症状が多く見られます。記載内容に多く当てはまる場合は、一度、専門医の検査を受けましょう。

若年女性に多く見られる生活習慣病

記載内容をみれば一目両全ですが、ほとんどは仕事のストレスから過度な喫煙、ストレス体質で解消が出来ない、食事が偏っていたり、間違った食事制限と運動不足、無理なダイエットなどの生活習慣病が、若年性更年期障害を引き起こしていると言われています。

若年性更年期障害にならない予防

若年性更年期障害を防ぐには、規則正しい生活を送るしかありません。出来ることであれば、禁煙、暴飲、暴食を止めて、栄養バランスが良い食事など、規則正しい生活を送るしかありません。仕事のストレスは、好きな趣味を持って紛らすなど工夫をして、健康的な生活を送るようにしましょう。

avista

関連ピックアップ記事