三つ子の魂百まで

三つ子の魂百まで
日本語

昔から3歳までの出来事は、100歳になっても変わらないという「ことわざ」があります。幼い頃の性質は、一生変わらないということになります。

本当に3歳までなの

幼少期に人格が形成されるのは事実のようです。赤ちゃんは生まれた時は何も知らない状態で生まれてきます。何も知らない赤ちゃんは、生きるために何をしたらいいのかをお母さんとお父さんから学び勉強します。その時期が人生の中で一番脳内に情報が吸収される重要な時期だと言われています。

生まれてから3年間が重要

幼少期の3年間だけが人間を成長させる時期ではありません。しかし、性格が変わらないなどは、この幼少期に形成されたものと言われています。大人になった今も、幼少期の性質を引き継いでるのは事実です。この時期の教育が子育てのなかで最も重要な時期になります。この時期だけは力を入れて教育しましょう。

幼少期の子育てに必要なこと

子供は悪さをしたくてしているのではなく、わからないだけでわかってあげることが大切です。いいことをしたら、ありがとうの感謝の気持ちを伝えることが大切です。親と子供の価値観が違うことを理解すること押し付けないことが大切です。同じ年の子供と比較しがちですが、絶対にしないことが大切です。

その他にも、幼少期で大切なこと

子供と話すときは、子供の目線で話をする。愛情をたくさん受けた子供ほど大きく成長する。たくさん話しをすると言葉をたくさん覚えるなど。その他にも、たくさん幼少期の子育てに必要なことはあります。幼少期は吸収しやすい時期なので、出来るだけお母さん、お父さんは一緒にいることをお勧めします。

3歳までに受けないといけない予防接種

基本的な内容になります。参考程度でお願い致します。詳細については、出産した産院でご確認ください。出産後、BCG 1回、三種混合は、3回+1回、MR 1回 (6歳年に1回)、ポリオ2回です。

avista

関連ピックアップ記事