意外と知らない妊婦さんのシャンプー選び

意外と知らない妊婦さんのシャンプー選び
日本語

妊娠中は赤ちゃんのために栄養がどんどん使われるので、髪の毛や爪など体の末端にはなかなか栄養が行き渡らず、パサついたり、髪が細くなったり、抜け毛が増えたりなどトラブルに悩まされやすいもの。
しかも、今までの体質と変わることも多く、妊娠するまでは特に問題もなく大丈夫だったものが突然肌に合わなくなるなどの変化が現れることもあります。

髪の毛は、印象を左右する大きな要素。妊娠中もきちんとケアしてキレイなママでいたいですね。

妊娠・出産時期にはアミノ酸シャンプーがおすすめ

アビスタのシャンプーとコンディショナー

シャンプーには大きく分けて高級アルコール・石鹸・アミノ酸の3種類がありますが、市販のドラックストアなどでよく売っているシャンプーのほとんどは、刺激の強いアルコール・石鹸系。しかも、ものによっては、アレルギー反応を引き起こすとして旧表示指定成分リストに入っていたラウリル硫酸ナトリウムなど、繊細な妊婦さんにとってはリスキーな成分が入っていることも多く、注意が必要です。

妊娠中は髪や頭皮に近いアミノ酸由来のマイルドなシャンプーを選ぶようにしましょう。アミノ酸をベースにしたものの中でもケア成分がたくさん配合されているものは、シャンプーだけでしっとりなめらかな仕上がりになりますので、コンディショナーやトリートメントを付けなくてもOKなのも嬉しいところ。

妊娠後期の体型が大きく変わってバランスを取りにくくなる時期や、出産直後の赤ちゃんから目が離せない時期などはバスタイムはできるだけ手短に済ませられるように備えておきたいもの。良いシャンプーを使うことは髪の毛のケア以外にもメリットが大きいのです。(アミノ酸シャンプーの中には、コンディショナーが流さないトリートメントとしても使えるアビスタのようなスグレモノもありますので、体調に応じてインバス・アウトバスを使い分けるのもおすすです。)

見落としがちな頭皮ケア

頭皮ケア

あまり知られていませんが、髪の毛は死んだ細胞の集まり。今生えている髪の毛のケアだけをどんなに頑張っても、その場限りなんです。本当に髪の毛を良くしたいと思ったら、頭皮のケアもきちんとしてあげることが大切です。
たとえば、洗顔するときはぬるま湯を使って、たっぷりの泡を転がすように伸ばして、しっかりすすいで、保湿をして・・・と気を使いますが、その顔の皮膚と一番近くつながっている頭皮のケアはどうでしょうか。強い洗浄成分が入った市販のシャンプーで洗って、シリコンたっぷりのトリートメントで手触りを整えておしまいという方がほとんどだと思います。

マイルドなアミノ酸シャンプーに変えて、いつもより丁寧にマッサージをしてあげる。頭皮用のローションやトリートメントでパックをする。頭皮もお肌だと意識してケアしてみてください。頭皮の血行が良くなると、髪の毛の質も変わってきます。

とはいえ、体調の変化や子育てに忙しいママはなかなか時間を取るのも大変です。そんな方はめぐりを整えると言われるニンニクエキスやゴボウエキス、山椒エキスなどの成分が入ったシャンプーを選ぶのも一つの手です。
自分に合ったケア方法でいつまでもつやつやの髪をキープしましょう。

妊娠・出産と抜け毛の意外な関係

抜け毛

妊娠してから髪の毛が細くなった気がする・・・、出産してからてうっすら透けてきたような・・・、まだ若いのになんで?恥ずかしくてまわりにもなかなか相談できない!
そんな切実な髪の毛のお悩みですが、原因と対策をしっかり押さえれば比較的すぐに手応えを実感できると言われています。

妊娠・出産による抜け毛はどうして起こる?

出産に伴う抜け毛は妊娠中の女性ホルモンの影響と、お腹の中の赤ちゃんに栄養を優先して送るために起こりやすくなると言われています。
妊娠中はプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンの1種のホルモンの分泌が活発になります。プロゲステロンは出産までの間、妊娠状態をキープし、栄養分や水分を体内に貯蔵するような働きをします。
ちなみに妊娠中に、むくみなどが起こりやすいのはプロゲステロンの働きのせいと言われます。

そしてこのプロゲステロンには、毛髪の成長を促し、髪の毛の寿命を延ばすちからがあります。髪の毛は成長期・退行期・休止期の3つの期間をくりかえしながら、約5年程度で寿命を迎えますが、妊娠中はこのプロゲステロンの働きで、本来は抜けるはずの髪を成長させ続けることがあります。
この作用で妊娠中は髪が増えるという人も多いのですが、出産直後から急激に抜け毛が増えることになります。また、抜け毛のショックやストレスでさらに状況をこじらせてしまうことも多いようです。

妊娠・出産期の抜け毛対策

妊娠・授乳期間中は体の栄養素が赤ちゃんに優先されますので、普段以上に食事のバランスに気をつけることが大切です。ウェイトコントロールはできる限り、運動を中心に行うようにして食事量は減らさないように気をつけましょう。また髪やお肌は寝ている間に作られますので夜10時~2時までの睡眠のゴールデンタイムはしっかり休めるよう規則正しい生活を心掛けてください。
なお、抜け毛の量が急激に増えると市販の育毛剤に頼りたくなることもあると思いますが、妊娠・出産時期は体が繊細な状態になっていますので、むやみに育毛グッズを使うよりはマイルドなアイテムを取り入れて、頭皮をしっかりと労わってあげることが大切です。

avista

関連ピックアップ記事