警告メッセージ

赤ちゃんの出来る生活環境

赤ちゃんの出来る生活環境
日本語

食生活

毎日3食きちんと食べる事が重要です。偏った生活をしているとホルモンバランスが崩れる恐れがあるからです。ビタミンEは老化を遅らせる働きや血行よく体を活性化する働きがある。亜鉛は男性ホルモンの合成にかかわってくる。タバコやお酒の過剰摂取は妊娠パワーを低下させる事につながるので…夫婦で禁煙するのがベター。タバコは妊娠を阻むだけでなく、赤ちゃんにも影響を与える事があるので要注意。

ストレス

ストレスをためこまないことが大切。精神的なストレスが続くとホルモンのバランスを崩す恐れがあるからです。ストレスをゼロにすることは無理ですが、ためこまないように自分なりのストレス解消法をみつけましょう。

ストレス解消方

  • マッサージをする。
  • ショッピングに行く。
  • 映画を見る。
  • エステやスパを利用する。
  • 音楽を聴く。
  • スポーツをする。
  • 友人とおしゃべりをする。
  • オシャレをする。
  • ガーデニング

等を利用してストレスを発散して下さい。

冷え

特に下半身を冷やさないようにする事が大事です。お腹の辺りがが冷えると子宮や卵巣の機能が低下する恐れもある。タイトな服装はNG。基礎代謝をあげて血液の循環をよくする事が重要。

体重管理

太りすぎも痩せすぎもNGです。痩せすぎは体内のエネルギーが不足し卵巣や子宮の動きをとめる恐れがあり。ホルモンの分泌が低下し無月経になったり、排卵障害にもなりうる事もある。肥満はまたホルモンのバランスを悪くする恐れがあるので。バランスのよい運動と食事で健康的に体重を落としましょう。

標準体重の計算の仕方

標準体重=身長(m)×身長(m)×22
肥満度=(実際の体重-標準体重)÷標準体重×100

avista

関連ピックアップ記事