警告メッセージ

新生児の沐浴・お風呂

日本語

新生児の沐浴、入浴方法

準備するもの

  • ベビーバス(沐浴ネットがあるとママでも楽にいれてあげられます。)
  • ベビーソープ(沐浴液)
  • 湯温計
  • 沐浴布ガーゼ(カイメン)
  • バスタオル

沐浴、入浴のポイント

お湯の温度は37~40度を使用します。赤ちゃんはとてもデリケートなので生後1ヶ月を過ぎるまでは専用のベビーバスなどで入浴させます。お風呂上がりに湯冷めしない様に、お部屋の温度も18~26度くらいに調節しておいてあげましょう。
沐浴を行う前に赤ちゃんの体温や機嫌もチェックしておきましょう。37.5℃以上の熱がある時や、授乳直後は吐いたりすることがあるので避けましょう。
沐浴を行う時間は出来るだけ同じ時間帯で生活のリズムをつけてあげましょう。
赤ちゃんはとても汗っかきで新陳代謝が盛んなので1日1回はお風呂に入れてあげて清潔にしてあげましょう。首、わきの下、股、耳の後ろなど汚れやすいところは優しく丁寧に洗ってあげます。あまり長時間だと疲れてしまうので10~15分くらいで行います。

沐浴、入浴のさせ方

赤ちゃんを裸にさせて、安心できるので沐浴布ガーゼをお腹にかけてあげ、足からゆっくりお湯に入れてあげます。
片手で赤ちゃんの頭部をしっかり支えて両耳に水が入らないよう指でおさえてから、
1.顔 2.頭 3.体 の順に洗っていきます。
顔は濡れたガーゼなどで優しく汚れをふき取ります。頭は頭皮を指の腹を使ってベビーシャンプーなどで念入りに洗ってあげます。首やわきの下、関節は皮脂がたまりやすいのでしっかりと洗ってあげましょう。背中、おしりは赤ちゃんがうつぶせになる状態にさせます。赤ちゃんの上体を湯船から上げて、ゆっくりとうつぶせにしてママの腕につかまらせます。首の後ろや背中、おしりを丁寧に洗い、最後に仰向けに戻した状態で股間を洗って全身に上がり湯を掛けて完了です。(沐浴剤の場合は上がり湯は要りません。)
お風呂のあとはしっかりとスキンケア、お手入れをしてあげましょう。

avista

関連ピックアップ記事