警告メッセージ

産婦人科選びのポイント

産婦人科選びのポイント
日本語

出産は女性にとって、一生に何度も経験のできないとても大事なことです。できることなら、自分らしく満足のいくお産をするためには、情報をしっかり集め、自分にとっていい産院を選ぶことが重要です。

産婦人科選びのポイント

  • 家から近い
  • 評判がいい
  • 入院生活が個室
  • 建物や設備がきれい
  • 総合病院だから安心
  • 実家が近い
  • 立会い出産ができる
  • スタッフがやさしい
  • LDRで出産できる
  • 母児同室
  • 医師が女医か
  • 母親学級がある
  • 分娩方法が選択できる
  • 性別を教えてくれるかくれないか

産婦人科の種類

出産は場所選びも大事です。最新医療が整う総合病院で産むのか、より専門的な産婦人科医院へ行くのか、それとも自宅出産か。また場所によって、選べる出産方法も変わります。どんな方法で産むのか、とあわせて決めるようにしましょう。

助産院

助産師さんが開業している施設。アットホームな雰囲気だが、緊急時の対応がなかなかできない。手術や検査などの医療行為は一切行わない。

個人医院・個人病院

健診から分娩まで同じ医師が担当することが多く、産科専門の設備は完備され母親学級なども充実していますが費用が高め。

総合病院・大学病院

産科以外の診療科目も充実しています。特にリスクを抱えたプレママ・赤ちゃんには安心。同じ医師が担当になることがすくない。受診者が多いため、待ち時間が長くなる傾向にある。

里帰り出産をする場合

里帰り出産を希望する人は、健診で通う自宅に近い産院と分娩する帰省先の産院の両方を探して、双方にその旨を早めに伝えておきましょう。

健診で通っている産院で


  • 里帰り出産をすることを決めたらできるだけ早めに報告しましょう。

  • 出産する産院名と連絡先を伝えておきましょう。(出産する産院に経過を連絡してくれる場合があります)

  • 里帰りする際、出産する産院宛の今までの健診経過を連絡する書類をもらいましょう。

里帰り出産する病院で


  • 里帰り出産をすることを決めたら、できるだけ早く帰省先近くの産院をさがし、分娩の予約を入れられるか確認しましょう。

  • 妊娠9ヵ月の後半(34週)くらいには、里帰りし、出産する産院の健診を受けましょう。

産院の探し方

口コミやインターネットなどでおおよその情報を集めたら、次は実際に産院の下調べをしましょう。見学に行ってもいいし、その産院に電話をかけてみるのもいいでしょう。応対で、スタッフの雰囲気がつかめることも多いからです。

ただ、評判がいいからといって


その価値観が自分にも当てはまるとは限りません。産院はできれば自宅の近くが何かと安心で便利です。また近所にお子様のいる友人や知人がいる場合は、こうした先輩ママから直接紹介してもらったり、評判を聞くといいでしょう。

  • 口コミ
  • インターネット
  • タウンページ
  • 雑誌や書籍
  • かかりつけの病院での紹介などがあります
avista

関連ピックアップ記事