警告メッセージ

赤ちゃんとの遊び方

赤ちゃんとの遊び方
日本語

赤ちゃんはふれあい遊びが大好き

赤ちゃんはふれあい遊びが大好きです。ふれあいスキンシップすることでママ、パパは赤ちゃんの天使のようなその笑顔でとても癒され赤ちゃんへの愛情を実感できます。

4ヶ月~6ヶ月

表情が出てきて、ママパパも楽しくなってきます。

左右にゆらゆら

赤ちゃんを抱っこしてあげ、楽しく話しかけながら優しくゆすってあげます。あまり激しくしないよう注意しましょう。

バンザイ

『バンザイ、気持ちいいね』など話しかけながら、腕を上に上げたり、前に伸ばしたり、赤ちゃんに腕の運動をしてあげます。このときもあまり強くしないで優しく体操してあげましょう。

ボディーマッサージ

赤ちゃんを仰向けに寝かせて、『あてて、あんよ、ほっぺ』などと話しかけながら、優しく全身をさすってスキンシップをとりましょう。赤ちゃんの皮膚の状態などもチェックできてよいです。

タップリキッス

『大好きだよ』といっぱい愛情をかけて話しかけながら赤ちゃんの顔、腕、足などにキッスしてあげましょう。

6ヶ月~8ヶ月

体もしっかりして、首がすわってきたら、体全体を使って遊べるようになります。

お船ごっこ

赤ちゃんの体をしっかり支えてあげて、寝かせた状態から『1,2,3』など声を掛けながらゆっくり起こしてお座りさせてあげたり、またもとの寝かせた状態に戻したりを交互に繰り返して遊んであげます。

動物ごっこ

仰向けに寝転んだママやパパのお腹に赤ちゃんを乗せてユラユラ「らっこ」、うつ伏せになって背中に赤ちゃんを乗せてユラユラ「カメ」など、乗ったり登ったりするのが大好きな赤ちゃんはとても喜びます。

うつぶせマッサージ

うつぶせに赤ちゃんを寝かせて手のひらで背中から足に、肩から腕にかけて優しくさすってあげます。

8ヶ月~10ヶ月

お座りができるようになった頃には少し大胆な遊びにもチャレンジしてみましょう。

飛行機、高い高い

赤ちゃんをうつぶせにすると自分で両腕を飛行機のように広げることがあります。ママ、パパは仰向けに寝てひざを曲げ、すねの部分を赤ちゃんのお腹に当てて、体をしっかり支えて『高い、高い』などと声をかけながら飛行機が飛ぶように足を前後にゆっくりと動かしましょう。

お膝でタッチ

ママ、パパは座ってひざの上で赤ちゃんの両脇を支えて立たせると、足をつっぱらせるようになります。『タッチ上手ね』など声をかけてあげましょう。

爆弾ボン!

ママ、パパのひざの上に赤ちゃんを座らせ、体をしっかり支えながら時限爆弾の口まねをしながら足をポンポンと上下に揺らします。『ボン!』という声に合わせて足を突然開くと赤ちゃんストンと下に落っこちる意外性と変化に大喜びします。

Let’sダンス!

赤ちゃんのお気に入りの音楽をかけて『一緒に踊ろう』と話しかけながら行いましょう。
リズムに合わせて体をゆすったりして、音楽を楽しみましょう。

10ヶ月~12ヶ月

言葉をはじめいろいろなことが理解できてくる時期です。声を掛けながら赤ちゃんと同じ目線になって一緒に遊びましょう。

まねごっこ

赤ちゃんと向かい合って座り動作のまねっこをさせます。バンザイ、拍手などわかりやすく簡単な動作がよいでしょう。できたら『上手にできたね』と褒めてあげましょう。

かくれんぼ

かくれんぼといっても、顔だけを隠すかくれんぼです。『いない、いない』と顔だけ隠して『ばぁー』と登場すれば赤ちゃんは大喜びです。

ゴロゴロキャッチボール

少し距離を置いて赤ちゃんと向かい合わせに座り、赤ちゃんに向かってボールを転がしてあげます。ちゃんとボールを取ることが出来て、取ったボールを転がして返してくれれば大成功!

おうちで滑り台

大人用の布団を丸めて、板(コタツ板など丈夫なもの)を布団と床に滑り台になるように置き、布団などの布を板にかぶせて滑らせて上げます。体を動かしたいハイハイぐらいの頃になると、下に急に落ちる動作やスピード感が楽しくなってくるようです。安全にはじゅうぶん気をつけて、上と下にパパとママが必ずつくようにしましょう。

avista

関連ピックアップ記事