警告メッセージ

分娩の経過と様子

分娩の経過
日本語

10分ごとの規則的な子宮収縮(分娩陣痛)が始まってから子宮口が全部開いてしまう(全開大で10cm)までを分娩第一期といいます。入院室や陣痛室で過ごします。陣痛はお産が進むにつれ、10分間隔で起こっていた陣痛(子宮収縮)がだんだん短い間隔になり、胎児は徐々に下へ下へと押し下げられていきます。

子宮口が全開(10cm)する頃には

陣痛の間隔も短くなり痛みも強くなってきます。(人によっては背骨や腰、骨盤が辛くなる人もいます)陣痛の合間には体の緊張をほぐし、リラックスすることが大事です。そして、破水が起こります。破水の時期はそれぞれ異なります。

ここから分娩第二期

子宮口が全開になるとママは分娩台へと移動します。陣痛の合間は赤ちゃんにたっぷり酸素を送るつもりで深呼吸をしましょう。陣痛は更に強くなって分娩の為の準備が整いママはいきむことができます。おへそを見るような感じで、合図にあわせて上手にいきみましょう。

胎児は産道を体の向きを変えながら

ゆっくり進み下りていき子宮収縮に合わせて頭を見せたりかくれたり(排臨ハイリン)を繰り返し出口に向かっていきます。頭がママの骨盤を抜けると回転して横向きになりながらあごを上げて下がってきます。そして肩が抜けると体が出て赤ちゃんが誕生します。無事赤ちゃんが生まれ胎盤が出るまでの事を分娩第三期といいます。

その後、医師によって

子宮の入り口や膣、外陰部などに出血や異常がないか診察がおこなわれます。会陰切開があった場合や裂傷が起こった場合は麻酔を行い縫合がなされます。縫合が終わり、からだをきれいに拭き、悪露が出ますから大きめのパットが当てられ、産後用の腹帯を巻いて子宮収縮が促されます。

お産が終わって2時間は

異常が起こりやすいので、外陰から生暖かいものが流れつづける感じがあったり、下腹部に激しい痛みを感じたり、気分が悪い、吐き気するなどの症状があるときには早めに伝えることが大切です。

お産後は2時間程度大事をとって分娩室で様子をみます。ママ、赤ちゃんの処置が終わり初めての授乳です。うまく吸えなくてもこれからの母乳育児にとっても、とても大切で重要なことになります。

avista

関連ピックアップ記事